ビオマルシェ 放射能

ビオマルシェの放射能検査や安全対策について

 

ビオマルシェの安全対策について解説していきます。

 

ビオ・マルシェは有機栽培野菜にこだわっている

日本で有機栽培で育った野菜は全体の農作物の中のおよそ0.24%です。そのわずかな有機栽培野菜の10%がビオマルシェの畑で作られています。
ビオマルシェの畑は土作りからこだわられています。有機栽培の野菜はこの土作りが大切です。最低でも2年以上農薬や化学肥料を使っていない畑でしか育てることができません。

 

野菜の放射能検査への取り組み

またビオマルシェでは野菜の放射能検査を実施しています。
基準値を下回れば安心という概念でなはく、内部被曝を避ける取り組みがなされています。

 

ビオ・マルシェの基準は国の基準値の1/10

ビオマルシェでは残留放射能のわずかな危険も取り除くことを念頭に、国の基準値の1/10に自社の基準を設けています。

 

 

ホームページでは軟粒放射能セシウムの検査結果を公開しています。
ビオマルシェの野菜は安心して食べられるものばかりです。


 

 


page top